金蘭会高等学校・中学校
HOME > 文化系クラブ > 演劇部

演劇部

クラブ紹介

<金蘭会高校演劇部・中学演劇部ってどんなクラブ?>
 演劇部は中学生の部員で構成された中学演劇部、高校生の部員で構成された高校演劇部の2つに分かれて活動しています。練習時間も中学・高校では異なりますが、基礎練習は合同で行い、先輩・後輩の良好な関係を保ちながら、互いの公演のサポートをする等、助け合い、交流しながら活動しています。高校部の練習場所は、本格的な劇場空間である3階のウィステリアホールです。中学部はその横の講義室を練習場所としています。
 演劇部は、先輩・後輩の分け隔てなく、全員で楽しくわいわいとお芝居作りに励んでいます。演劇部のモットーは全員演劇です。補欠を一切作らず、全員、キャストかスタッフの主要な役割を担い、みんながやりがいを持ってお芝居作りに取り組みます。装置・衣装・小道具なども、部員全員で力を合わせて作ります。
 演劇部の中でも、外の劇場公演も多く、大変活発に活動しているのが高校演劇部です。高校演劇部には、中学時代から演劇部だった生徒もいますが、大半は中学時代スポーツ系のクラブだったり、帰宅部だったりと、演劇未経験者です。それでも、練習方法の工夫次第ですぐに大きな舞台に立てる力を身につけられる、それが金蘭会の高校演劇の最大の魅力です。そして、多くの人が役者として舞台に立つ事で生み出される、金蘭会ならではのスケールの大きな集団演劇が、最大の特徴です。歌や踊りも多く取り入れます。そして、金蘭会の舞台は、長い間積み重ねられた先輩達の実績のおかげで、公演ごとに、常に多くのお客さんが観に来てくれます。それを励みに、一層、部員達はよりよい芝居創りに励み続けます。
 現在、部員は中学部12人、高校部が32人です。高校部は今年夏のハイスクールプレイフェスティバル(HPF)公演では、吹田市メイシアターで、市川染五郎主演で話題になった劇団☆新感線の「アテルイ」を上演し、500人ものお客さんに観て貰いました。又、秋の演劇コンクールでは、地区大会で、28回(年)目の最優秀賞を受賞、又、創作脚本賞、個人演技賞も受賞しました。そして、府の決勝大会でも、4年ぶり、14回目の最優秀賞となり、大阪府の代表として、12/26,京都市呉竹文化センターで行われる近畿大会に出場します。又、府大会では、主役で部長の根本夏乃が地区大会に引き続き、個人演技賞を受賞しています。

主な戦歴・受賞

年に一回、秋に行われる演劇コンクールで、28年間(28回)、最優秀賞を受賞し、府の決勝大会に出場。27年間連続出場の記録は金蘭会のみです。

・府大会ではこれまで14年間最優秀賞を受賞、大阪府の代表として、近畿大会に14回出場しています。今年(2015年)も出場を果たしました。

・2009年3月には、東京の劇団四季の劇場で行われた春の全国大会に出場しました。

【15年12月近畿大会速報ブログに掲載された、部員による金蘭会高校及び演劇部、さらに今回の近畿出場作品を紹介した文章です。】

  1. 学校や地域の紹介

金蘭会高校は大阪駅から徒歩十数分の所という、交通の便がとても良いところにある学校です。大阪の中心部にありますが、周りには公園があり、静かな環境で勉強にも集中しやすい所にあります。そして今年、創立110周年迎えた女子校です。校舎は8年前に建て直されたので、とても綺麗です。部活動も活発でバレー部は昨年の春高バレーで優勝を修めました。私たち演劇部も他のクラブに良い刺激をもらいながら夏の全国大会を目指して頑張っています。

  1. 演劇部の紹介

私たちの学校は女子校なので、もちろん部員は全員女子の明るく楽しいクラブです。部員は高校に入るまでお芝居を経験したことがなかった演劇未経験者が大多数を占める中、プロの作品にも果敢に挑み続け、今年の夏には劇団☆新感線の「アテルイ」にも挑戦させていただきました。1人では自信なんて持てず、幼く不器用な私たちですが、全員で力を合わせてがむしゃらに頑張れば、きっと何かができる!そう信じて部員全員、毎日一生懸命練習に励んでいます。

  1. 上演作品の紹介

世界では様々な対立が激しくなってきている中、今年の金蘭会は「平和」をテーマに夏からお芝居作りに取り組み、そして近畿の舞台で上演できることを、部員一同大変嬉しく思っております。地区大会、府大会での反省やアドバイスしていただいたことを踏まえ、少しでもより良い舞台を作れるよう精一杯頑張ります。私たちはこのお芝居作りを通して「平和」についてたくさん考えることができました。観ていただいた方にとっても、このお芝居を観ることが「平和」について改めて考えていただく機会になることができれば嬉しいです。キンランエンゲキのpowerpassion溢れる劇世界を、ぜひお楽しみください。

金蘭会高校演劇部2年間の上演記録

(2014年3月~2015年12月)

【2014年】

・3月21・23日 春休み公演  (in金蘭会高校ウィステリアホール)

『山姥』作:土田峰人

・4月15日 新入生歓迎公演 (in金蘭会高校ウィステリアホール)

『山姥』作:土田峰人

・7月28日、29日 ハイスクールプレイフェスティバル(HPF)公演 

                          (inシアトリカル應典院)

『キレイ 神様と待ち合わせした女』作:松尾スズキ

・9月19・20日 蘭祭(文化祭)公演(in金蘭会高校ウィステリアホール)

『月に帰るーものがたりウサウサー』作:井澤美尋・下島りえ・山本篤

・11月2日 第35回大阪府高等学校演劇研究大会A地区大会

                      in金蘭会高校ウィステリアホール)

創作劇『カプリス』作:桝田貴恵 舞台美術賞、個人演技賞受賞

・12月23日 第28回大阪私立中学校高等学校芸術文化祭典 in大阪芸術創造館)

『山姥』作:土田峰人

【2015年】

・2月13日 予餞会(高3生を送る会)公演 (in金蘭会高校ウィステリアホール)

『半神ー金蘭version2015ー』原作:萩尾望都 脚本:野田秀樹

・3月8日 高校3年生卒業公演 in金蘭会高校ウィステリアホール)

『スナフキンの手紙』作:鴻上尚史

・3月22日 第39回全国高等学校総合文化祭演劇部門プレ大会招待公演

inひこね市文化プラザ大ホール)

『山姥』作:土田峰人

・3月28日 、29日 春休み公演 in金蘭会高校ウィステリアホール)

『半神ー金蘭version2015ー』原作:萩尾望都 脚本:野田秀樹

・4月21日 新入生歓迎公演(in金蘭会高校ウィステリアホール)

『半神ー金蘭version2015ー』原作:萩尾望都 脚本:野田秀樹

・7月24日 ハイスクールプレイフェスティバル(HPF)公演

         in吹田市メイシアター)

『アテルイ』作:中島かずき

・9月19日、20日 蘭祭(文化祭)公演(in金蘭会高校ウィステリアホール)

『MIYOKO MY LOVE』作:山本篤

・11月1日 第36回大阪府高等学校演劇研究大会A地区大会

in金蘭会高校ウィステリアホール)

『あいあむあたし あいあむへいわ』作:北川明希、山本篤

・11月14日 第36回大阪府高等学校演劇研究大会府大会

in箕面メイプルホール)

『あいあむあたし あいあむへいわ』作:北川明希、山本篤

・12月23日 第29回大阪私立中学校高等学校芸術文化祭典 in大阪芸術創造館)

『あいあむあたし あいあむへいわ』作:北川明希、山本篤

・12月26日 第50回近畿高等学校演劇研究大会

『あいあむあたし あいあむへいわ』作:北川明希、山本篤

金蘭会中学演劇部2年間の上演記録

(2014年4月~2015年3月)

【2014年】

・4月18日 新入生歓迎公演 in金蘭会高校ウィステリアホール)

『広くてすてきな宇宙じゃないか』作:成井豊

・6月20日 アトリエ公演 (in金蘭会高校ウィステリアホール)

『上を向いて歩こう』作:竹生東・室達志

・9月19・20日 蘭祭(文化祭)公演 (in金蘭会高校ウィステリアホール)

『さよなら小宮くん』作:越智優

【2015年】

・3月14日 中学3年生最終公演 in金蘭会高校ウィステリアホール)

『表へ出ろい!!』作:野田秀樹

・4月17日 新入生歓迎公演 in金蘭会高校ウィステリアホール)

『ホーリーナイト』作:杉山恵

・6月19日 アトリエ公演 (in金蘭会高校ウィステリアホール)

『HALLOWEEN RHAPSODYーハロウィン狂詩曲ー』作:渡部 園美 

・9月19日、20日 蘭祭(文化祭)公演(in金蘭会高校ウィステリアホール)

『お友達契約書』作:長谷川信之