金蘭会高等学校・中学校
HOME > 高校教育 > 高校教育の特色

高校教育の特色

将来の職業イメージや志望進学先に応じた全5コースを設置しています。
各コースにふさわしい科目や行事を設定し、
進学への意欲を高める多彩な取り組みを実施しています。

通常の授業に加えて、朝礼時の小テストや放課後の補習を実施して基礎基本の強化を図ります。また、英語では自学用ノートを導入し、授業の復習や反復学習を習慣づけ、自主的な学習態度を身につけます。

高校1年で茶道、2年で華道をその歴史から基礎・応用と習得し、3年では礼法を学びます。また、大阪市立美術館などと提携した「無料鑑賞券」を全生徒に発行し、美しい心と感性を育みます。

制服の意義や正しい着方を通し、身だしなみを整えることの大切さを考える「服育」、自分でメニューを組み合わせて食べることを学ぶ「食育」、体育祭や蘭祭(文化祭)などを通して自治能力を育む多彩な行事、思春期に必要な考え方や情報を身につけるための有識者などによる講演会など、豊かな心を育むための取り組みを行っています。

新校舎の各教室に設置された機器でICTを積極的に活用。パワーポイントやデジタル教科書を導入して、視覚・聴覚をフルに使い、わかりやすい授業を展開しています。

ネイティブスピーカーとのチームティーチングの授業を毎週実施。多くの授業時間で英語に親しみ、使える英語の習得をめざします。英検やGTEC受検も奨励し、対策も実施しています。